自分を好きになることが「自分らしさ」への第一歩。 長沼 翼

営業

私は生まれてからこれまで、すべてのことは出逢った“人”から学び、教わりました。歯の磨き方も、服の着替え方も、想いやることの大切さも、すべてこれまで出会った人から学び、教わりました。両親、家族、友人、恩師、職場の仲間、仕事を通じて知り合った方々。「相手の気持ちを考えろ」と指摘され、「何をやっているんだ」と叱責され、「よくできた」と褒められて、「それでいいんだ」と励まされてきました。そんな数多くの出逢いを経て、今の自分は形成されたと考えています。世界70億人で、人生100年だったとしても、一人一秒ずつ出逢ったって、全員には出逢えない。そういう確率の中で、これまで私に出逢ってくれた人達が今の私をつくってくれたわけだから、そんな自分を嫌いになる理由はどこにも見つからない。出逢った人に感謝することと、自分を好きでいることは、繋がっていると思うのです。

 

出逢いの数だけ自分は強くなれる。出逢いの数だけ自分を好きになれる。だから今、この業界に私は立っているんだと思います。様々な社会的な場面や人間関係の中に複雑に見え隠れしながら散りばめられている「自分らしさ」。自分を好きになることは自分らしさを見つける第一歩だと思っています。一人ひとりが、もっと自分を好きになれるように、一人でも多くの人が自分らしい生き方ができるように。そのきっかけを与えられる人を目指していきます。